なにかとご入用なこの世の中、突然の出費にお金を借りられたらと思うことはままある。
かわいいところなら突然の飲みのお誘い。
結構な額が必要になる冠婚葬祭。

結婚式にお呼ばれする際は基本的には時間的猶予があるので対応もしやすいが、
訃報を聞いた場合は突然のことに対応がなかなか大変である。
時間の捻出もであるが、香典代や遠方であれば交通費の捻出についてが今回の主な議題だ。

交通費は新幹線や飛行機、遠距離バスであればクレジットカード払いでどうにかなるが、
香典代は現金手渡しなので、いかがしたものかと。

手持ちにストックがあればよいし、
預金から手数料なしで引き出せるのであればそれもよい。
が、そうでない場合は、カードローンの中でも、金利手数料無料のものを利用してはいかがだろうか。

30日間金利手数料無料など、カードローン各社さまざまなサービスを展開しており、
いったん、お金を借りて、
金利手数料無料期間の期日までにお金を返せば、
夜間や土休日に預金をおろすよりも経済的である。

とはいえ、新規の利用の場合、カードローン 即日契約しにいかなければならないし、
借りられるかどうかの審査も行われる。
借りられるか不安な方は、時間的余裕があるのであれば、逆にこういった機会に自分の信用力を確かめておくのも一つの手ではある。
といっておいて、借りられなかった場合はちょっとショックではあるが。

お金を借りたいなと思ったときに、すぐに借りられる。
なんて、便利な世の中なんだ!
そう思うと同時に、それに溺れないようにする自制の精神が肝要である。