Author Archives: admin

銀行系のカードローンを借りようと思う人も多いはず。

突然の怪我や病気、思いがけない冠婚葬祭など、出費が重なって手持ちの現金が足りなくなって困ることは誰にでもあるものです。そんな時にはお金を借りて、その場を何とかやり過ごすのが賢明です。そんな時の借金ですが、最初は「金利の低い銀行からお金を借りよう」と思う人は多いはずです。
しかし、銀行は金利は低くても審査スピードは遅く、それに審査に通らない可能性も比較的高いのです。それゆえ、手軽でスピーディーで利便性の高い消費者金融のキャッシングの人気が高いのです。実際、消費者金融ならば即日審査や即日融資カードローンも可能です。ちょっとお金に困って急いで何とかしたい場合などは、本当に重宝します。

プロミス 審査
ただし、そんな便利な消費者金融も、返済トラブルには要注意です。たとえば、もしも過去にキャッシング業者などと返済トラブルを起こしてしまったことがあると、消費者金融といえども、そんな人にはお金は貸したくなくなってしまうのです。お金の貸し借りは信用第一であることを、決して忘れてはなりません。ですから、これからもキャッシングを便利に利用するためにも、事故やトラブルなどを起こしてはなりません。自分の経歴にキズが付いてしまうと、後々になって困ってしまうことになるのです。

急な入用に即日融資

なにかとご入用なこの世の中、突然の出費にお金を借りられたらと思うことはままある。
かわいいところなら突然の飲みのお誘い。
結構な額が必要になる冠婚葬祭。

結婚式にお呼ばれする際は基本的には時間的猶予があるので対応もしやすいが、
訃報を聞いた場合は突然のことに対応がなかなか大変である。
時間の捻出もであるが、香典代や遠方であれば交通費の捻出についてが今回の主な議題だ。

交通費は新幹線や飛行機、遠距離バスであればクレジットカード払いでどうにかなるが、
香典代は現金手渡しなので、いかがしたものかと。

手持ちにストックがあればよいし、
預金から手数料なしで引き出せるのであればそれもよい。
が、そうでない場合は、カードローンの中でも、金利手数料無料のものを利用してはいかがだろうか。

30日間金利手数料無料など、カードローン各社さまざまなサービスを展開しており、
いったん、お金を借りて、
金利手数料無料期間の期日までにお金を返せば、
夜間や土休日に預金をおろすよりも経済的である。

とはいえ、新規の利用の場合、即日契約しにいかなければならないし、
借りられるかどうかの審査も行われる。
借りられるか不安な方は、時間的余裕があるのであれば、逆にこういった機会に自分の信用力を確かめておくのも一つの手ではある。
といっておいて、借りられなかった場合はちょっとショックではあるが。

お金を借りたいなと思ったときに、すぐに借りられる。
なんて、便利な世の中なんだ!
そう思うと同時に、それに溺れないようにする自制の精神が肝要である。

出産に向けて銀行カードローン

現在、二人の子供の子育て中ですが、二人目の子の妊娠時、主人が給料の入った財布を落としたり、母が緊急入院したりとお金が急激になくなる出来事が相次ぎました。
もともと、そんなに裕福なほうではなく、一人目の出産時の親戚から出産費用を借りての出産でした。二人目は私も仕事をしていたし、妊娠中も何とか働いていたので出産費用はなんとか貯めることができましたが、出産後私が仕事に復帰するまでにどうやって生活していくかが問題でした。
なんとか、やりくりすれば大丈夫だろうというところに上記のお金がなくなるという出来事が重なり、目の前が真っ暗になった気持でした。
再び親戚に頼るのはなるべくならやめたいが、先が見えないまま出産のぞむのも不安でどうしたらいいか悩んでいたところ銀行系のカードローンのダイレクトメールをみました。
普通のローンのように使用目的がはっきりしてなくても使える点、銀行系で安心というところに魅力を感じました。利息も消費者金融よりずっと安く無駄なく返済していけるように感じました。
問題は審査に通るかでしたが、私のようなパートの主婦でも20万円の審査に通ることができました。20万円あれば、出産一時金とあわせて私が仕事復帰するまでの生活費になりそうでした。
無事、審査にとおりカードが届いたときはこれで家族が野垂れ死にすることなく出産に望めると本当に安心しました。
結局、出産後もこのカードは使いませんでした。ですが、今も何かあったときのお守りとして心強く思っています。

ローン借り換え

今、私たちはローンの借り換えを考えています。 私たち夫婦が別々に生計をたてていた際に、ショッピングやキャッシングを二人ともクレジットカードで行っていました。しかも支払いはリボ払い。

夫の方は, ショッピング枠もキャッシング枠もフルに使用してしまっているため、今や毎月の定額の返済額は利子のみを払っている状態です。 そして私は現在の生活を維持する為にスーパーマーケットなどの買い物もクレジットカード支払いしており、現在は二人合わせて毎月10万円返済しています。

これに家賃、子どもの幼稚園料、保険、光熱費などを支払えば生活費にあてるお金が手元に残らず、結局は生活に必要な物はクレジットカードで支払わなくてはなりません。

こうなると借金は返せません。 そこでローンの借り換えを考えています。 既に数件話を聞いて見ましたが勤続1年未満であると100万円以上の融資は出来ないとのこと。 もし100万円以下の金額を融資して頂いても全ての金額をカバー出来ないため、結局返済箇所が一件追加される事になり今以上に厳しい状況に陥ることになります。

とりあえず、今月より私のローンの返済期間を伸ばし、返済金額を少し減らしてもらうように設定して頂きましたが、今後も返済の努力をすると共にローン借り換え(一本化)出来る様に情報収集していきたいと思っています。

小額の融資なら手軽なカードローンがオススメ

私は、友人の結婚式などのイベントが立て続けに起こり、またお葬式なども何度かあったため急激に出費が多くなった時期がありました。手持ちのお金では足りず、しかしこういった出来事の際にお金を支払わないわけにはいかず、どうしようと悩んでいました。親から借りるというのも心配の種になってしまいますし、なるべくなら他人の世話にはなりたくないと考えていました。
色々と調べた結果、カードローンを利用することにしました。カードローンはATMなどを利用して手軽に借り入れや返済が出来るということで、仕事が忙しくめんどくさがりな自分には非常に合っていました。また、キャンペーン中につき、早期に返済すれば利息はかからないということだったのでその点も決め手になりました。給料日になったらすぐにATMから返済し、これでおわり?と思うほど簡単でした。
しかし、そういったキャンペーンを抜きにしてもカードローンの金利はそれほど高くはなく、非常に利用しやすい良心的な金利設定になっています。なので、収入が低い人にでもしっかりとした返済計画があれば借り入れることが可能だと思います。何より手軽で金利が低いのがカードローンのいいところだと思うので、急に資金が必要になったという人にオススメの選択肢です。